Windows 8.1 Pro PCをWindows 10 Proにアップグレードしました

アップグレードしたPCは自作で、マザーボードはASUS SABERTOOTH 990FX R2.0、CPUはAMD FX-8370Eです。メモリーは24GB積んでいます。OSがWindows 8.1 Proの状態で、マザーボードを以前のものからSABERTOOTH 990FX R2.0に、CPUもPhenom II X6 1065TからFX-8370Eに換えていたのですが、クリーンインストールし直していません。その状態からのアップグレードですが、問題ありませんでした。

それまでにインストールしていたアプリケーションの内、気になっていたのはAdobe CS6でしたが、一旦アクティベーションを解除して、Win 10 Proにアップグレードしてから再アクティベーションしました。Adobe CS6は以前CPUを交換したりグラフィックボードを交換すると別PCとして認識されたことがあって、何かハードウェア構成を換えるときには必ずアクティベーションを解除するようにしていたのですが、OSをアップグレードする際にも何が起こるか判らなかったので上記の操作をしておきました。

Adobe CS6上のPhotoshopですが、ファイルメニューで表示されるフォルダ構成がWin 10に対応していて使い勝手がWin 8.1時より良くなったように思います。特に問題は今の所生じていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です