インテル Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT

Windows 7 64bit PCで使っているマザーボード ASUS M4A88T-M LE のオンボードLAN (Realtek 8112L; 以下、蟹と略)のLANポート部分がグラグラして時々ネットワークに繋がらなくなる時があり、インテルのNICを取り寄せました。このNICは以前から自分のUbuntu PCでも使っているものです。

今まで上記Win 7 PCはあくまでサブで使っていたのでネット接続の能力をあまり気にしていなかったのですが、独習や仕事で使うこともあり、もう蟹じゃやってらんないとポチりました。実際速度計測サイトで測っても蟹よりインテルNICの方が速いし、安定しているし。

しかし、オンボ蟹LANをBIOSで殺すとインテルのNICもネットワークに繋がらなくなるのは謎。まあ二つ活きてても問題無いし、動いているものはそのままにしておいた方が良さそうだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です