カテゴリー別アーカイブ: Music Player Deamon

Ubuntu 16.04 PCにCreative Sound Blaster Audigy Fxを挿してみた

アナログ出力 24bit/192kHz/ステレオ対応のPCI-Express x1 サウンドカード、Creative Sound Blaster Audigy Fx先のエントリーのUbuntu 16.04 PCに挿してみました。こんな感じです。カード2です。

$ aplay -l
**** ハードウェアデバイス PLAYBACK のリスト ****
カード 0: PCH [HDA Intel PCH], デバイス 0: ALC887-VD Analog [ALC887-VD Analog]
  サブデバイス: 1/1
  サブデバイス #0: subdevice #0
カード 0: PCH [HDA Intel PCH], デバイス 1: ALC887-VD Digital [ALC887-VD Digital]
  サブデバイス: 1/1
  サブデバイス #0: subdevice #0
カード 1: NVidia [HDA NVidia], デバイス 3: HDMI 0 [HDMI 0]
  サブデバイス: 1/1
  サブデバイス #0: subdevice #0
カード 1: NVidia [HDA NVidia], デバイス 7: HDMI 1 [HDMI 1]
  サブデバイス: 1/1
  サブデバイス #0: subdevice #0
カード 2: Creative [HDA Creative], デバイス 0: ALC898 Analog [ALC898 Analog]
  サブデバイス: 0/1
  サブデバイス #0: subdevice #0

Music Player Daemon (MPD) で楽曲を再生すると、すぐ反応して再生が始まります。以前使っていたUbuntu PCではONKYO SE-90PCI R2を挿していましたが、やはりMPDでの楽曲再生の反応は速かったです。MPDではオンボサウンドチップだと反応が遅く、サウンドカードを出力先にしていると反応速いようですね。

ちなみに音質は、同じ楽曲、例えば宇多田ヒカル Fantôme flac 96kHz/24bit ファイルをMPD + ONKYO GX-D90で再生すると高音がシャリシャリして頭が痛くなります。一方Rhythmbox + GX-D90 で再生した場合は高音のシャリシャリ感はそれ程気にならなくなります。MPDはALSAを利用してサウンドカードにデータを送っているけど、RhythmboxはPulseAudio経由でALSAからサウンドカードにデータを送る、でいいかな。その分鈍るのですね。ちなみに Raspberry Pi 2 + サインスマート HiFi DAC サウンドカードモジュール + Volumio VERSION:0.979 + GX-D90 の組み合わせでは上記の楽曲を再生しても高音がシャリシャリしない。

まあだから、サウンドブラスターのこのサウンドカードは、普通にWindowsとかで楽曲再生する分には良いけど、MPDでハイレゾ音源を再生するには向いてない感じです。

Intel Pentium G4400を使ってUbuntu 16.04 LTS PCを組んだのでメモ

ここ数年Ubuntu PCではCPUにAMD Phenom II X6 1065T を使ってきたのだけれど、TDPが95Wということで消費電力多め。そこでUbuntuを使うのに省電力化と共にどこまでCPU性能を落とせるのかというところから、低価格なIntel Pentium G4400でUbuntu 16.04 LTS PCを組んでみた。そのメモ。

  1. 当初dGPUを使わずiGPU – Intel HD Graphics 510で行けるかなと期待していた。省電力になるし。でもインストーラーはおそらく2Dだろうし問題なかったのだけど、インストールが終わってUnityのログイン画面からログインすると、表示が固まってキー入力も受け付けず、イカンともし難い状態になった。ただそのログイン画面から Ctrl + Alt + Fn で仮想コンソールでログインする分には問題なく。Intel Graphics for Linux* を見てみたけど面倒くさいので、結局 NVIDIA GeForce GTX 750なグラフィックボードを挿して運用、さらにGeForce GT 610 なグラフィックボードに挿し替え。流石にGT 610だと描画遅い。
  2. 通常のデスクトップソフトウェアを使っている分には処理的に全然問題ない。しかしハイレゾ音源を再生するのに Music Player Daemon (MPD) を動かして、Sonata で再生しようとするも再生し始めるまでの反応が遅い。AMD Phenom II X6 1065T だとスムーズに再生したのに。そういうdeamon 絡みだと、2コア2スレッドではキツいのかな。1065Tは6コアだものな。シングルスレッド性能よりマルチスレッド性能の方が効くのかと。
  3. マザーボードはASUS H110M-A/M.2を使用している。LANチップがIntelなのは良いのだが、PCIバスが無いので手持ちのサウンドカードのONKYO SE-90PCIを挿せなかったのが痛い。これはきちんと調べなかった自分が悪いが、ASUSのマザーボードを使いたかったのですよ。ちなみにメモリーは8GB積んでいる。

 

【メモ】Ubuntu 14.04 PCにMusic Player Daemon(MPD)を導入

ウチではWeb閲覧やメールチェック、家計簿付けなどUbuntu 14.04 PCでやっておりますが、お仕事関係はWindow 8.1 PCで行っております。ただ、ディスプレイは1つしか無いので、ディスプレイにはUbuntu PCとWindows 8.1 PCの両方を接続。前エントリーの様にUbuntu PCの音楽再生環境を整えてもWindows 8.1 PCで作業中はこのままでは聴くことが出来ない。そこでUbuntu 14.04 PCにMusic Player Daemon(MPD)を導入します。Ubuntu PCの構成は前エントリーを引き継ぎます。

天の川オーディオ研究室の以下のエントリーを参考にしました。
http://audio.amanogawa.info/c01-mpd%E3%81%8B%E3%82%89%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86/

まずは、Ubuntuにmpdと、mpdクライアントとしてSonataを導入します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mpd sonata

/etc/mpd.conf を編集します。全エントリーと同じく、 aplay -l 等でサウンドカードまたはUSB-DACのhw番号を確認しておいて下さい。ウチの環境の場合です。

# An example of an ALSA output:
#
audio_output {
 type "alsa"
 name "My ALSA Device"
 device "hw:1,0" # optional 行頭の#を外しています。hw番号は自環境に合わせること。
# mixer_type "hardware" # optional
# mixer_device "default" # optional
# mixer_control "PCM" # optional
# mixer_index "0" # optional
}
#

/etc/mpd.conf でミュージックディレクトリは

music_directory "/var/lib/mpd/music"

と指定されているので、楽曲ファイルを置いてあるディレクトリのシンボリックリンクを上記のディレクトリの中に作っておくと良いかと。その辺は自分の環境に合わせて下さい。

$ sudo ln -s /home/user1/ミュージック /var/lib/mpd/music/music_1

mpdを再起動します。

$ sudo /etc/init.d/mpd restart
$ sudo /etc/init.d/mpd restart
 * Stopping Music Player Daemon mpd                                      [ OK ]
 * Starting Music Player Daemon mpd
server_socket: bind to '0.0.0.0:6600' failed: Address already in use (continuing anyway, because binding to '[::]:6600' succeeded)
                                                                         [ OK ]

IPv6のアドレスでなんかエラー出てるけど気にしない。これでUbuntu上のmpdクライアントとしてSonataを起動すれば聴くことが出来ると思う。ライブラリの更新をしないといけないかもしれませんが。

さて、Windows PCを使っているのでディスプレイはWindows PCからの出力が表示されている。このままではmpdを操作できない。そこでWindows 用のmpdクライアントを導入します。私はシンプルなSkyMPCを使っています。

iPhoneからも操作したいということで、iPhone用のmpdクライアントは多分定番なMPodを入れています。

ハイレゾ音源再生用のPCオーディオについてざっくりと知るのには下記が参考になります。

Linuxでのハイレゾ音源再生については下記が参考になります。

サウンドカードはウチの場合は下記。