月別アーカイブ: 2015年12月

PC用の組み立て式机上台を買いました

株式会社リヒトラブの机上台<幅590mm・ロータイプ>を買ってみました。スチール製です。実際にディスプレイを載っけた感じはこんなです。

奥行きは25cmあるので、机上台の下にあるキーボードはもっと奥まで追いやれます。

奥行きは25cmあるので、机上台の下にあるキーボードはもっと奥まで追いやれます。

ディスプレイ1台にデスクトップPCを2台接続しているので、キーボードとマウスも2組。1組は邪魔になるので導入しましたが、良い感じです。箱とか組立途中はこんな感じ。

箱

箱の中に入っているもの。ボルトは取扱説明書にも4本と書いてあったのだけど、実際には5本入っていました。

箱の中に入っているもの。ボルトは取扱説明書にも4本と書いてあったのだけど、実際には5本入っていました。

簡単に組み立てられます。付属の6角レンチを使って簡単に脚を取り付けられます。

簡単に組み立てられます。付属の6角レンチを使って簡単に脚を取り付けられます。

ロータイプの方ですが高さ的に丁度良いです。自分が使っている机は奥行きが60cmのものなので、手前のキーボードを別の場所に置けばA4用紙を縦に置けます。もう1台買ってもいいかなと思ってます。

英語配列キーボードを巡る探索

Windows 10 ProデスクトップPC用にThinkPadトラックポイントキーボード(英語配列)を買って、今まで使っていたHappy Hacking Keyboard Lite2(英語配列)と交換しました。両方共英語配列と書きましたが、ThinkPadトラックポイントキーボードはASCII配列、HHKB Lite2はUNIX配列です。

薄いです。

薄いです。

人生のある時期から自宅で使うメインのPCのOSはUbuntu(Linux)だったので、vi/vimを使うのに便利なHHKB Lite2英語配列をずっと使っていて(カーソルキーは使いたいのでProではなく)、Windows PCにも同じくHHKB Lite2を使っていました。IMEのON/OFFもUbuntuと同じ[Ctrl]+[Space]で切り替えていました。上記2台は両方共自作機なので、キーボードは選択の余地が有ります。ところが大学の非常勤講師をするようになってノートパソコンをどうしても大学に持ち込みたくなり、ThinkPad E450を買ったのですけど、英語配列キーボードを選択しましたがもちろん配列はASCII配列です。結果、WindowsをOSとするノートPCとデスクトップPCとでのキーボード配列の違いがとてもしんどくなってきました。それで、デスクトップPCのキーボードをノートPCに合わせることにしました。

HHKB Lite2との配列の違いがお分かりになるでしょうか。 vi/vimを使うには[Esc]キーの位置は重要ですが、Windowsでそれ程頻繁に[Esc]キーを使うわけでもなく。 あと、[Ctrl]キーの位置とか。[~](チルダ)キーの位置とか。

HHKB Lite2との配列の違いがお分かりになるでしょうか。
vi/vimを使うには[Esc]キーの位置は重要ですが、Windowsでそれ程頻繁に[Esc]キーを使うわけでもなく。
あと、[Ctrl]キーの位置とか。[~](チルダ)キーの位置とか。

ThinkPadトラックポイントキーボードについては、トラックポイントはマウス操作をするのにキーボードから手を離す必要が無いのでその点は楽なのですが、キーのストロークが短い。Mac用のキーボードと似たようなものかな。キータッチの質感はMac用のキーボードの方が上。Mac持ってないのにどうしてMac用のBluetoothキーボードを持っているのかというと、以前初代iPad用に買って使っていたからなのですが。まあどちらにしても、深いキーストロークの方が好みなので、うーんという所では有ります。

Apple純正キーボードとは、配列は似たようなものかなと。

Apple純正キーボードとは、配列は似たようなものかなと。

もう、Windows用PCのキーボード配列はASCII配列に、Linux用はUNIX配列(選択肢はHappy Hacking Keyboardシリーズしか無いけど)にした方が良いみたいです。Windows用には、東プレの英語配列キーボードが欲しくなってきました。