カテゴリー別アーカイブ: PC

Windows 10 Fall Creators Update (1709) とピクセラのテレビチューナーカード PIX-DT460

自作のWindows 10 Pro PCはCPUにIntel Pentium G4600 、マザーボードにはMSI B250M MORTAR を使っています。このマザーボードを使っているのはDisplayPort があるからです。少し古いEIZOのディスプレイにはDVI-D とDisplayPortがあっても、HDMIポートが無いもので。このPCは主にWord とかExcel とかPhotoshop とかで使っています。ゲームには使ってないのでG4600 の内蔵グラフィックを使っています。そしてこのPCにはピクセラのPCIe接続テレビチューナーカード PIX-DT460 を挿しています。

このシステムが1703 から 1709 (Fall Creators Update) にアップデートがかかり、そしてBSoD を吐いて 1703 に自動的にロールバックしました。何が問題なのかと思いましたが、まずはトラブルの多いピクセラのテレビチューナーカードを疑いまして。PIX-DT460 のデバイスドライバやサーバ関係等、関連のすべてのソフトウェアをアンインストールしてから再度1709 にアップデートかけた所、無事に更新できました。その後に[Windows] StationTV® X を再インストールしましたが、無事に番組が見られ今の所問題は出ていません。

半年毎の大型更新がある度に問題の出そうなソフトウェアのアンインストールと再インストールをやらねばならんのは面倒くさいでござる。

Ubuntu 16.04.2とSkylakeとIntel HD Graphics

現在Ubuntu 16.04 LTS を動かしているPCはマザーボードが ASUS H110M-A/M.2でCPUは Intel Pentium G4400 (Skylake) 。16.04 をインストールした当初からiGPUだとログインすると固まって、それは16.04.2 にアップグレードしていっても同じ。Skylake の Intel HD Graphics だと動かないのかと、色々やってみたのだが上手く行かない。自分のシステムだけだろうか? しょうが無いのでnvidiaのグラボ挿してるが。

で、検証用にと色々PCパーツを買い集めていて、忙しさもあり最近になってようやく組めたと。CPU は安いので Pentium G4400 をもうひとつ買ってあり、マザーボードは GIGABYTE GA-Z170M-D3H 。PCIバスにサウンドカードのONKYO SE-90PCIを挿したかったのだ。BIOS は購入時F2 だったけど、今回組むにあたって最新BIOS をダウンロードしたらF21 になってKaby Lakeにも対応してた。Ubuntu については別に組んだPC(AMD CPU)の動作検証用に16.04.2 をインストールしたHDD をそのまま組んでみた。ちなみにケースはCooler Master MasterBox Lite 3 。microATX用だけれど、ケース内の作業がとてもしやすい。安価だし。軽いのは美点。電源は作業しやすいように玄人志向の500Wプラグインタイプ。メモリーは4GBの2枚組。

で、組んでみたらあっさり動いたと。HDDなので起動に時間はかかるがそれは問題ではなく。今まで苦労してたのは何だったのだろう。

16.04.2でクリーンインストールを試したわけではないけど、多分16.04.2をインストールしてやれば問題なくSkylake CPU でIntel HD Graphics 動くのだろうな。かといって今常用しているUbuntuシステムを弄る気にもならず。動いているシステムは弄るなと。

今回組んでみたPCについては、Ubuntu が18.04 LTS をリリースされた時にキチンと環境構築して、現在動いているUbuntu 16.04 LTS はそれまで動かし続けていればよいのだろう。環境移行が終わったら、現在のUbuntu PCにはWindows 10を入れるか。Pentium G4400でもSSD でならWindows 10でも問題無かろう。

ASUSの21.5インチディスプレイをAmazonで買った

安いし薄い、サイズ的に丁度良い。スピーカーも付いている。IPS。でも画質がいまいち。HDMIで入力しているのにまるでアナログVGAで入力しているかのようなボケている感じ。でもAmazonのレビューを見ると画質を悪く言う人がいない。

うーん、自分が普段EIZOの23型とか27型のディスプレイを使っているからなのだろうか? それともたまたま外れだったのだろうか?