【メモ】Ubuntu 18.04 LTS での日本語入力の ON/OFF 切り替え

英語配列キーボード使いの私にとって Ubuntu 18.04 LTS での日本語入力の ON/OFF 切り替えですが,Ubuntu は 7.10 から使っているので,切り替えは [Ctrl] + [Space] を使いたいのです.

一番単純なのは「設定」 – 「地域と言語」で入力ソースに「日本語 (Mozc)」と「英語 (US)」がある状態で,「設定」 – 「デバイス」 – 「キーボード」 – 「キーボードショートカット」の「タイピング」の「次の入力ソースへ切り替える」を [Ctrl] + [Space] 辺りに設定しておくことなのですが,そもそも入力ソースの切り替えだと, [Ctrl] + [Space] の反応が追いつかずに日本語入力の先頭がアルファベットのままになってしまうことがよくあります.キーの入力に反応が追いつかないのはイライラするものなので,設定を変更します.

こちらの記事の様に,入力ソースを「日本語 (Mozc)」だけにして,デスクトップ画面右上の [A] アイコンをクリック,「ツール」 – 「プロパティ」 – 「キー設定」 – 「キー設定の選択」 – 「編集」にてもともとの入力キーが [Ctrl Space] を全て削除,それから入力キーが[Hankaku/Zenkaku] と設定されている項目を3回クリックして全て [Ctrl Space] に置き換えます.

IME ON/OFF
IME ON/OFF

この設定変更で,日本語入力に切り替えた時にキー入力に追いつかずに先頭がアルファベットのままになってしまうことは避けられます.

ただ,この設定にしたときの問題なのですが,ときたまデスクトップ画面右上の [A / あ] アイコンが消えます.再表示させる方法が見つかりません.しょうがないので一度ログアウトして再ログインする羽目になったりします.これ,どうしたら良いのでしょうか?

ついでですが,キーボードレイアウトが英語配列になっていないときは,

$ sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

を実行して適切なキーボードレイアウトを選択すると良いでしょう.

【メモ】Ubuntu 18.04 LTS で [Caps Lock] キーを無効化する

今現在メインの Ubuntu PC では Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S の英語配列を使っているのですが,カーソルキーがないので,[Fn] キーと矢印キーを組合せてカーソルキーの代わりとしています.しかしながらこれまで使っていた HHKB Lite 2 にはカーソルキーがあるため,[Fn] キーと矢印キーの組合せにはまだ慣れておらず,誤って [Caps Lock] を ON にしてしまうことがあります.そこで,[Caps Lock] キーを無効化します.

既に GNOME Tweaks をインストール済みとします.

  1. GNOME Tweaks を起動する.
  2. 「キーボードとマウス」を押下する.
  3. 「追加のレイアウトオプション」を押下する.
  4. 「Caps Lock behavior」から「Caps Lock を無効にする」を選択する.
  5. 念の為一度ログアウトして,再度ログインする.

ちょうどこの記事書いている時,このキーボードアマゾンのタイムセールで \22,500 と,えらく安くなってます.

 

新型コロナウイルスの解析で Folding@home に Ubuntu PC で参加してみた

Twitter を眺めていたら以下のツイートが流れてきました.

個々のPCの余っているCPUやGPUのリソースを使い,難病の解析に役立てる分散コンピューティングプロジェクトの「Folding@home」において,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を解析するプログラムが提供開始となっています.それで,前回のエントリーで設定した Ubuntu 18.04 LTS PC が遊んでいる状態だったので,Folding@home の設定をしてみました.

Folding@home のサイトに行って,”START FOLDING NOW” のところの “START FOLDING” ボタンをクリックして該当ページに飛びます.Windows PC なら Windows 用の該当ページに飛びますし,Linux PC なら Linux 用のページに飛びます.ウチで使っているのは Ubuntu なので,”Debian / Mint / Ubuntu” にある3つのファイルをインストールします.

Install Folding@home to Ubuntu
Install Folding@home to Ubuntu

Windows だと,インストール実行ファイルは一つですね.

Folding@home install to Windows
Folding@home install to Windows

インストール後,FAHControl を起動します.アイデンティティの名前,チーム番号とも任意なので,先の ASRock Japan のように名前は ASRockMania  , チーム番号は 252872 を入れておきました.

FAHControl_Ubuntu
FAHControl_Ubuntu

Windows 版だと FAHControl はこんなの.

FAHControl_Windows
FAHControl_Windows

Folding Power は,何せ遊んでいる PC なので,Full に.リモートから htop コマンドで見ると,こんな感じです.

CPU負荷
CPU負荷

CPU は Intel Core i5 9400F を使っているので,6コアフルに使われていますね.

久しぶりに Ubuntu 18.04 LTS をインストールしてみる

Ubuntu 20.04 LTS への式年遷宮に向けて1台 PC を組んで,動作チェック.構成は,

インストールしたのは Ubuntu 18.04.3 LTS 日本語 Remix .現在は 18.04.4 .

マザーボードに ASRock B365M Phantom Gaming 4を選んだのは,そもそも AMD 用のマザーボードのお手軽に手に入る価格帯に,LAN チップで Intel のを使ったものが見当たらず Realtek (蟹) を使ったものばっかりだったから.蟹の LAN チップに良い思い出が無いんです.Windows PC で使う分には良いのですけど.

これのオンボサウンドは Realtek ALC1200 なのですけど,ミュージックプレイヤーソフトの Audacious で「出力(O)」 – 「オーディオの設定」 – 「出力プラグイン : ALSA出力」-「設定 : PCM デバイス : Direct hardware device without any conversions」と設定する場合,アナログデバイスだとサンプリングレート 88.2kHz が再生できないんですね.他のマザーボードでも, ALC887 でもアナログだと 88.2kHz は再生できない一方 デジタルデバイスだと 88.2kHz で出力できてるんですけど.Windows だと WASAPI 排他でアナログで 88.2kHz 再生できてるんですけど,この違いは何なのでしょうね?

今回は CPU に Core i5 9400F を使ったから iGPU は無効化されてるのでなんですが,iGPU の出力で DisplayPort があるのは良いですね,このマザーボード.

Intel の LAN チップありきで今回CPU を Intel Core i5 9400F にしましたが,まあ安いし6コアだから良いかなと.iGPU 無効化されているけどどうせ dGPU 使うし.

メモリーは使われていなかったものを使用.デフォルトでは 2133 MHz で認識されるけど, マザーボードは XMP 2.0 対応で 2666 MHz で運用できてます.

ストレージは NVMe SSD に相性問題がありそうなのでどうなるかと思いましたが,WD Blue SN550 NVMe SSD 1TB はなんの問題もなく使えています.EFIシステムパーティション と / と /home にパーティション切っています. HDD は /srv に割り振っています.

グラボは最初 NVIDIA GeForce GTX 1650 を挿してたのですが,インストール画面が大きく表示されて画面からはみ出し,まともにインストールできませんでした.Turing 世代はオープンソースドライバではまだ駄目だったのかな.使っていなかった Pascal 世代の GeForce GT 1030 はなんの問題もなかったです.MSI のモデルは DisplayPort が有って良いですね.

PC ケースはもう光学ドライブは必要ないのでこちらに.

現在常用している Ubuntu PC は CPU が Pentium G4600 なので,それに比べると新しい PC はとても速いです.一応これで 20.04 LTS の準備は出来たけれども, あとはNVIDIA のグラフィックボードで Turing 世代に対応してくれると良いのですが.PPA から入れると後々面倒だし.